アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
オススメリンク

大切なペットが亡くなってしまったときはペット葬儀を茨城の業社に依頼しましょう。遺体のお清めから祭壇まですべてサポートしてくれますよ。

postheadericon ペット霊園の選び方

燃える

ペット霊園を選ぶ際には、気をつけるべき点がいくつかあります。
基本的なこととして、火葬方法と納骨方法の確認が必要です。
また、全てのペット霊園が一律価格で営業を行っている訳ではないので、その料金の内訳をきちんとチェックしておくことも大事です。
ペット霊園によっては、葬儀の代金の他にお布施や戒名の代金を請求してくる場合があるので、そういったことがないか事前に詳しく調べておくことで安心して利用できるようになります。

少子化に代わって
少子化の現代では、子どもの代わりにペットを飼う人が増えています。
ペット自体を購入するペットショップだけでなく、デパートやスーパーでも、人間の食べ物や衣服に負けないほどの生活用品を備えて、市場も拡大しています。
あまり人気のない賃貸住宅が、ペット可能という条件を付けた途端に満室になるなど、需要は計り知れません。
その需要に追いつくかのように、ペットが亡くなってしまった時に行う、ペット葬儀をとり行う会社も、確実に増えています。

postheadericon ペットも人間と同様に

熱

以前のペットは亡くなれば野に埋めることが多かったのですが、最近ではその野山も少なくなったうえに、人の敷地に入ることが不法侵入と言われる時代になってきています。
そして何より、ペットは家族の一員と思っている方が増えたので、火葬してお墓を作り、霊園に出向いて毎年お参りするという形を望むようになってきました。
そういった需要があるため、ペット火葬から、ペット霊園に納骨するまでを扱う、ペット葬儀会社が全国各地に増えています。

悲しみを癒す活動も
ペット葬儀を行う会社では、納骨の際に読経をとり行なったり、メモリアルホールを備えていつでも会いに行ける環境を作るなど、飼い主の悲しみに寄り添うサービスも行っています。
ペット葬儀会社によっては、経営する者が捨て犬を世話するボランティア活動を行っていたり、老犬ホテルという、人間でいうならば老人ホームのような施設を運営していることもあります。
家族を失った悲しみを、新しい命とふれあうことで癒していくという活動も行われています。

postheadericon 現代のペット事情

一列に並ぶ

現代では、昔と比べてペットを取り巻く状況が変化しています。
住宅事情が変化して、室内でもペットを自由に飼うことができるようになりました。
また、医療技術の進歩により、ペットの寿命も以前に比べて長くなりました。
そういった背景から、ペットも人間同様に家族の一員と考えられるようになってきました。
そのため、これまではあまり一般的でなかったペット霊園が注目されるようになってきました。
最愛のペットが死んだ際に、手厚い供養を行う人が増えてきたのです。

ペット葬儀について
ペット葬儀は、主にペット霊園を所有している業者によって行われています。
料金によってその葬儀内容は異なりますが、他の多くのペットたちと合同で火葬を行ってそのまま一緒に埋葬するものが一般的となっています。
もちろん、個別にペット火葬を行ってそれぞれの墓に埋葬することも可能です。
飼い主の希望に合わせて好きな方を選ぶことができます。
個別に墓を利用する場合には、ペット霊園の一区画を購入するか借りることになります。